FC2ブログ

卒業

一ヶ月ぶりです。
ついに大学を卒業してしまいました。
( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ

しかしながら、大学院に進学するので平日は研究室に通学するという、
なんとも卒業した実感の沸かない微妙な心境です。

とりあえず暇になったので、マウスの開発を進めたかというとそういうわけでもありませんでしたw
なんといってもダークソウル2が発売してしまったのです。

これはやるしかない!

ということでさっくりと1周してきましたw
ゲームの感想は追々ということで、今回は前作のDCマウスであるsylpheedについて書いていきたいと思います。

20140125_200515.jpg

マシンデータ
  Name sylpheed
  Width 74 mm
  Length 90 mm
  Height 22 mm
  Weight 50 g
  Wheel d : 22 mm w : 8.5 mm Mini'z Tire
  Processor RX62T (96MHz)
  Motor MK07-1.7
  Encoder AS5040 (Magnetic Encoder)
  GearRatio 8 : 36
  Battery Lipo 240mAh 1cell
  Motor Driver A3906
  Sensor SFH4550 + TPS601
  Gyro LY3200ALH

この機体のコンセプトは軽量な吸引マウスです。
F1のように軽量でダウンフォースを利用すればより速くターンできると考えました。
しかし、初めての回路設計、DCマウスの制御、吸引マウスという新しいことを盛り込み過ぎたせいで
すべてが中途半端なマウスになってしまいました。

回路については、モータドライバの最大電流値が小さすぎたため、加速度やターン速度が上げられませんでした。
制御については、プログラムが煩雑になってしまい、マウスが暴走したり挙動不審に陥ることが多々ありました。
吸引については、吸引ファンの回転で機体も回転してしまい、制御に影響を及ぼしてしまいました。

以上の問題は最後まで解決しなかった問題であり、これ以外にも多くの問題が生じてしまったため、
完走できた大会は全日本大会の予選だけという悔しい結果に終わりました。
しかし、多くの失敗が得られたことで次のマウスはそれだけ良いものなると思って頑張ります。

次の更新では何かしらの進展があるといいんですけど・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コヒロ

Author:コヒロ
某自動車会社の子会社に就職した新入社員。某五年制大学のサークルでマイクロマウスを製作していました。現在も製作中。パソコン、自転車、読書などなど多趣味で中途半端な人間です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR